【0】毒親と絶縁するまでの話

あらすじ

 

最初の投稿のキャラクター紹介とかぶってしまいますが…。

私は、父・母・私の三人家族という環境で、一人娘として育ちました。

父は寡黙で真面目でしたが、家族サービスという考えはなく、家ではお酒とタバコばかりでゴロゴロしていました。

母は感情の起伏が激しくヒステリック。思い込みも激しく、自分が全て正しいと思っているような人で、人間関係のトラブルも多いようでした。

この話を描くまでの経緯

いつ、こんなきっかけで…といったものはありませんが、3年半ほど前からぼんやりと描いてみようかなという思いはありました。

しかし、インスタのアカウントを取り、いざ描こうとすると何も描けない。

エピソードとしてはハッキリ覚えているのに、全く漫画にできませんでした。

当時で絶縁から7年ほど経っていましたが、自分の内側から外側に出すことができず、まだそういう時期じゃないのだろうと、しばらくそのままの状態で過ごしていましたが、頭の片隅に常にひっかかっているような感じで、いつかは描きたいなと思っていました。

そして、その”時期”が今年の春頃にきて、ようやく漫画として形にすることが出来ました。

いざ0話が完成して投稿しようと思っても…

完成してから数日間シェアすることができませんでした。(小心者)

このような過去の暗くて重い話、更に言えば親を悪いように表現しているわけなので、共感は得られにくいだろうと思っていました。なので、ある程度続けてみて、全く受け入れられないようであればすぐ投稿を止めればいいかな、という気持ちで始めることにしました。

しかし、投稿を続けるにつれて、どんどんフォローしてくださる方が増え、共感や励ましのコメント・DMをたくさん頂けるようになり、ブログを開設することも出来ました。

自分の中に溜め込んできた気持ちが、こんなにも多くの方々に受け入れてもらえて感激です。

いまだにシェアする前後は緊張で胃痛がしますが…(笑)、完結まで気長に読んで頂けたら嬉しいです!

Advertisement